「下取り」と「買取り」の違いって何?

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

これまで、車の相場や売却時期などについて書いてきました。

昨日、記事を書いていると横から妻が、そもそも「下取り」と「買取り」の違いって何?と言われたのでこちらで解説しようと思います。

確かに初めて車を売却する方は、「下取り」と「買取り」の違いが、いまいちピンと来ていない方もいるかも知れません。

あまり車のことに詳しくない方は、言葉だけ聞くと似ていて混乱してしまう方もいるかな?

実は、この「下取り」と「買取り」全く意味が違うものになるんですね。

写真AC

■下取りとはなんぞや?
現在あなたが乗っている車をディーラーで買取って(下取り)もらい、その金額を次の車の頭金にして、新車や中古車を購入するということ。

ということは、車をディーラーで買うことが前提になっています。下取りのお金も自分の手元に戻ってはきません。

■買取りとはなんぞや?
現在あなたが乗っている車を中古車屋さんや、車買取専門店で買取ってもらう、言わば車を現金に変えてくれるシステムです。

車を売却して手に入った現金はあなたの好きなように使えます。
下取りと違って、決められた目的はありません。

次の車に使ってもいいですし、旅行に言っても、貯金をしてもいいのです。

ではどちらが良いのか?

売却する時期にもよりますが、私個人的には下取りしてもらうより、「買取り」の方を勧めます。

例えば、社外品で付けたナビやホイールなど人気のある装備品は、買取価格に反映されることがあるからです。

本当に高く売りたいという方は、ディーラーの見積もりと車買取専門店の査定見積もりを比較して決めたほうが確実です!

車の相場を知ろう

出典:イラストAC

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

車を売る時、色んな準備をしておくのはもちろん大事ですが、自分の車が今どれくらいの値段で売れるのかの相場を知っておくことも大事です。

調べ方は非常に簡単で、車の一括査定をしてくれるサービスに必要な情報を入力するだけでOKです。

必要な情報は、車種、年式、走行距離、カラーなどが一般的ですかね。

それを入力するだけでおおよその査定額を知ることができます。

ただ、気をつけないといけないのは、100%鵜呑みにしないって事です。

あくまでの目安となる査定額を出してくれているだけなので、実際には車に傷がついていたり汚れが目だったりすればもちろん下がります。

さらに、査定額は通常の買取価格よりも安く見積もりがされる傾向にあるので、目安と考えるのが良いでしょう。

おおよその査定額を知った上で、それよりも安く査定額が出たら交渉すればいいですし、断固として買取価格をあげてくれない場合はその業者とは取引をしなければOKです。

相場を知っておくことで判断材料にする事ができるので、知っていると知らないではだいぶ違ってきます。

なので、できれば調べておくようにすると良いでしょう。

車検は通した方がいいのか?いつ売るのがいいのか?

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

僕は昔から物持ちが良い方で、一度使い始めると最後まで使い切れるタイプです。

そんな僕ですが、最初に買ってから乗り続けている愛車がそろそろ5年目になるので買い替えを検討しています。その際、今の車は車庫の関係で売ることになりそうです。

そこで、同じように車の買い替えを検討していて、さらに今ある車を売りたいって人に、いろんな情報を書いていこうと思います。

車検は出さない方がいい

出典:フォトAC

まず、車を売るのに裏技的なことなのですが、売る前には車検に通すのはやめましょう。

車検が切れた車は査定額が少なくなってしまうのはもちろん事実ですが、だからと言って車検に通したからかかった費用が帰ってくるくらいの査定額になるかと言われるとちょっと難しいです。

ほとんどが元が取れるほどのプラスになることはありません。つまりは、車検に通してない状態の車を売る方がその分の費用がかからないので得になることが多いんです。

その為、新車の納入時期の都合上車検を通さないといけないという状態でない限りは通さずに売る方がいいでしょう。

売る時期も重要

出典:フォトAC

売る時期も重要で、できれば年内に売るようにしましょう。

車は年が明けた1月1日の時点で年式が更新されてしまうので、実質1年経っていない車でも1年落ちとされてしまいます。

年式というのは、1月1日になると一斉に更新されるのかというと、年式は初年登録年月によって決定されていて、それがその車の新しさを示しています。そのため、年が変わると自動で1年分古い車として扱われてしまうのです。

そうなると、実質5年経っていなくても5年落ちの車として扱われてしまうので、売るなら年内が一番いいのです。