おすすめの車一括査定サービスはどこなのか

出典:フォトAC

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

車を売ろうと考えた場合、一店舗ずつ車を持ち込んで査定してもらうのも悪くはないですが、かなり手間がかかりますよね。

手間をかけずに効率良く車を売りたいのなら、「車一括査定サービス」を利用することです。車一括査定サービスは、売りたい車の情報と売る側の個人情報を入力するだけで、複数の中古車買取業者に一括で査定依頼ができるとても便利なサービスです。

費用は一切かからず無料で依頼することができるので誰でも気軽に利用することができます。一度申し込みを完了させれば、有名どころのガリバーやアップルをはじめとする多くの買取業者に査定依頼がいくので、何社も連絡して査定依頼をする必要もなくなります。

しかも、申し込み自体は数分で完了しますからね。普段仕事で忙しくても手軽に利用することができるでしょう。

そんな車一括査定サービスですが、多くのサービスが存在します。一体どの一括査定サービスが良いのでしょうか。そんな疑問にお答えすべく、今回はおすすめの車一括査定サービスを紹介したいと思います。

 

おすすめの車一括査定サービスはどこ?

まずおすすめしたい車の一括査定サービスは、ずばり「カーセンサー」です。

カーセンサーは、提携している中古車買取業者がとにかく多く、その数なんと1,000件以上になります。そのため、自分に合った買取業者を探しやすくなっています。

また、見積もり依頼も最大30社まで比較することができるので、一番高額で買取してくれそうな買取業者を簡単に見つけるもことができるのです。

また、カーセンサーなら買取業者からの電話を「メール連絡」に変更することもできるので、ストレスになりやすい電話連絡もかなり減らすことができます。

次におすすめしたいのがユーカーパック(Ucarpac)です。

ユーカーパックは普通の車一括査定サービスとは少し違っていて、オークション形式となっているのが最大の特徴です。

買取りまでの流れも他のサービスとことなり、査定依頼の申し込みをすると、ユーカーパックの方から指定された近くの店舗に車を持っていって査定してもらうカタチになります。

査定が終わった段階で、初めてユーカーパックのサイトに車が掲載されます。そして、その車を買取りたいと思った業者がオークションでどんどん買取価格を競ってくれます。

最終的に一番高額を付けた買取業者に車を売れる仕組みになっています。そのため、買取業者から電話がかかってくることは一切ありません。

電話がかかってくるのはユーカーパックからだけになるので、電話によるストレスは全くありません。オークションが終わるのを待って、最後に買取り価格が高いところに売るだけですからね。

手間を減らして楽に車を売りたいなら、ユーカーパックはお勧めです。

 

車情報がたくさん載っているサイト

今乗っている車を売って新車に買い替えたいと考えている人は多いと思いのではないでしょうか。そんな人の為に、富山県富山市の車買取に関する情報が満載のサイトを紹介します。

それが、富山県で車を買い取ってもらうにはどうすればいい?と言うサイトです。

車の買取情報や富山市で利用せきる車一括査定サービスの情報などをたくさん紹介しているので、富山市で車買取を希望する方にはきっと役に立つと思います。

是非参考にしてくださいね~。

「下取り」と「買取り」の違いって何?

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

これまで、車の相場や売却時期などについて書いてきました。

昨日、記事を書いていると横から妻が、そもそも「下取り」と「買取り」の違いって何?と言われたのでこちらで解説しようと思います。

確かに初めて車を売却する方は、「下取り」と「買取り」の違いが、いまいちピンと来ていない方もいるかも知れません。

あまり車のことに詳しくない方は、言葉だけ聞くと似ていて混乱してしまう方もいるかな?

実は、この「下取り」と「買取り」全く意味が違うものになるんですね。

写真AC

■下取りとはなんぞや?
現在あなたが乗っている車をディーラーで買取って(下取り)もらい、その金額を次の車の頭金にして、新車や中古車を購入するということ。

ということは、車をディーラーで買うことが前提になっています。下取りのお金も自分の手元に戻ってはきません。

■買取りとはなんぞや?
現在あなたが乗っている車を中古車屋さんや、車買取専門店で買取ってもらう、言わば車を現金に変えてくれるシステムです。

車を売却して手に入った現金はあなたの好きなように使えます。
下取りと違って、決められた目的はありません。

次の車に使ってもいいですし、旅行に言っても、貯金をしてもいいのです。

ではどちらが良いのか?

売却する時期にもよりますが、私個人的には下取りしてもらうより、「買取り」の方を勧めます。

例えば、社外品で付けたナビやホイールなど人気のある装備品は、買取価格に反映されることがあるからです。

本当に高く売りたいという方は、ディーラーの見積もりと車買取専門店の査定見積もりを比較して決めたほうが確実です!

車の相場を知ろう

出典:イラストAC

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

車を売る時、色んな準備をしておくのはもちろん大事ですが、自分の車が今どれくらいの値段で売れるのかの相場を知っておくことも大事です。

調べ方は非常に簡単で、車の一括査定をしてくれるサービスに必要な情報を入力するだけでOKです。

必要な情報は、車種、年式、走行距離、カラーなどが一般的ですかね。

それを入力するだけでおおよその査定額を知ることができます。

ただ、気をつけないといけないのは、100%鵜呑みにしないって事です。

あくまでの目安となる査定額を出してくれているだけなので、実際には車に傷がついていたり汚れが目だったりすればもちろん下がります。

さらに、査定額は通常の買取価格よりも安く見積もりがされる傾向にあるので、目安と考えるのが良いでしょう。

おおよその査定額を知った上で、それよりも安く査定額が出たら交渉すればいいですし、断固として買取価格をあげてくれない場合はその業者とは取引をしなければOKです。

相場を知っておくことで判断材料にする事ができるので、知っていると知らないではだいぶ違ってきます。

なので、できれば調べておくようにすると良いでしょう。

車を売る時期について

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

車を売るならできるだけ高い金額で売りたいと思いますよね?

その為には、前回書いた洗車等の最低限のものはするとして、それ以外で気をつけたいのは売る時期です。

車も売る時期によって買取価格が変わってくるのです。

そこで今回は車の買取時期について書こうと思います。

特に高く車が売れる時期は、1月~2月又は、9月~10月です。

車は1月1日になった時点で年落ちになってしまうので、買取価格は下がるのでは?と考える人もいますよね。

それは間違っていません。

車はいつ買ったかが重要なのではないので、必ず1月1日なれば全ての車が年落ちになります。

しかし、逆に1月~2月は、3月の売り時期の為にできるだけ在庫を持っておきたいのも事実です。その為、買取価格は多少高いのです。もし高い時期に売りたいなら1月半ばから2月の間が良いと思います。

次におすすめなのが9月、10月です。

これも、車を買いたい人が増える時期に合わせて在庫を持っておきたい買取業者が多いので、高値で売れる事があります。

その他の時期は車を買う人は多くなく、在庫をそこまで抱えたくないので買取価格も比較的落ち着いてしまうので、高額査定にならないことが多いのです。

なので、できるだけ在庫を抱えたい時期に合わせて車の査定を依頼するといいでしょう。

車検は通した方がいいのか?いつ売るのがいいのか?

こんにちは!富山在住、車マニアのマニ吉です。

僕は昔から物持ちが良い方で、一度使い始めると最後まで使い切れるタイプです。

そんな僕ですが、最初に買ってから乗り続けている愛車がそろそろ5年目になるので買い替えを検討しています。その際、今の車は車庫の関係で売ることになりそうです。

そこで、同じように車の買い替えを検討していて、さらに今ある車を売りたいって人に、いろんな情報を書いていこうと思います。

車検は出さない方がいい

出典:フォトAC

まず、車を売るのに裏技的なことなのですが、売る前には車検に通すのはやめましょう。

車検が切れた車は査定額が少なくなってしまうのはもちろん事実ですが、だからと言って車検に通したからかかった費用が帰ってくるくらいの査定額になるかと言われるとちょっと難しいです。

ほとんどが元が取れるほどのプラスになることはありません。つまりは、車検に通してない状態の車を売る方がその分の費用がかからないので得になることが多いんです。

その為、新車の納入時期の都合上車検を通さないといけないという状態でない限りは通さずに売る方がいいでしょう。

売る時期も重要

出典:フォトAC

売る時期も重要で、できれば年内に売るようにしましょう。

車は年が明けた1月1日の時点で年式が更新されてしまうので、実質1年経っていない車でも1年落ちとされてしまいます。

年式というのは、1月1日になると一斉に更新されるのかというと、年式は初年登録年月によって決定されていて、それがその車の新しさを示しています。そのため、年が変わると自動で1年分古い車として扱われてしまうのです。

そうなると、実質5年経っていなくても5年落ちの車として扱われてしまうので、売るなら年内が一番いいのです。